水中ドローン

相棒紹介

今回は、このブログで活躍するメンバーを紹介します

イルカの「ドリー」君

このブログのマスコットになる予定。ちょこちょこ登場してこのブログを盛り上げてくれる。ハズ・・・

これからいろんな海の映像を撮る為に一緒に出掛ける相棒FIFISH V6

何種類かある水中ドローンの中でデザインが可愛く機能も素晴らしく価格もリーズナブルだったので購入。

バッテリの持続時間が6時間でアームもついているV6Sと迷ったけど、20万の価格差の価値はないなと判断しこちらを選択

カタログスペック

■本体

  • 寸法 383 x 331 x 143 mm
  • 重量 3.9 kg
  • スラスター数 6
  • 操作性 6 DOF(自由度)動作:左右、上下、前後 回転:360°ヨーリング、360°ピッチ、360°ローリング
  • Posture Lock™ ± 0.1°ピッチ角度または ± 0.1°ローリング角度、全方向稼働
  • 深度維持 ± 1 cmに保持
  • スピード 静水で約3ノット(1.5 m/s)
  • 深度 100 m
  • 操作温度 -10 °C~60 °C(14 °F~140 °F)
  • 稼働時間 約4時間
  • バッテリー 定格出力9000 mAh / 97.2 Wh 充電電圧2.6 V FIFISHクイックチャージで充電時間1.0時間
  • バッテリータイプ リチウムイオンPanasonic 18650

■カメラ

  • センサー 1/2.3” SONY CMOS
  • 有効画素数 12 MP
  • ISO範囲 自動/手動で 100-6400
  • レンズ 視野 166° f/2.5 最短撮影距離 0.4 m
  • シャッター 5~1/5000 秒 自動/手動(電子シャッタースピード)
  • 撮影数 1 / 3 / 5 / 7 / 10 フレーム
  • ホワイトバランス 2500K~8000K 自動/手動
  • 露出補正 - 3 EV~+ 3 EV
  • 写真解像度 4:3: 4000 x 3000
  • 写真形式 JPEG、DNG
  • ビデオ解像度 4K UHD:25/30 fps 1080P FHD:25/30/50/60/100/120 fps 720P HD: 25/30/50/60/100/120/200/240 fps
  • ビデオ形式 MPEG4- AVC/H.264、HEVC/H.265
  • 手ブレ防止 EIS(電子式手振れ防止)
  • 色系 NTSC&PAL
  • メモリー容量 64 GB

■ライト

  • 輝度 4000 lm
  • CCT 5500 K
  • 照射角度(ビーム角) 120°
  • 調光制御 3段階

■コントローラー

  • ワイヤレス Wi-Fi対応
  • バッテリー稼働時間 約4時間
  • SDカードサポート Micro SDカードFAT32およびexFAT形式(128GB以上)

■充電器

  • ROV 入力:100~240 V、50/60 Hz、1.3 A MAX 出力:12.9 V ⎓ 6A
  • RC 入力:100~240 V、50/60 Hz、0.5 A MAX 出力:5 V ⎓ 3A

■ケーブル

  • 長さ 100 m (328フィート)
  • 耐荷重 80 kgf

■リール

  • 寸法 238 x 207 x 160 mm (9 3/8 x 8 1/8 x 6 1/4インチ)
  • 限度収納可能サイズ 100 m (328フィート)

■VRヘッドトラッキング(VRゴーグル付)

オススメアクセサリ

水中ドローンと一緒に買った方が良い物を紹介

・FIFISH V6のハードケース

思った以上に重く、嵩張る物が多い為、専用のケースは買った方がいいです。ただケースだけで6万ぐらいしますが・・・

専用ケース高すぎて普通の鞄でいいわ~と言う方は、持ち運びと帰る時に注意です!!

コントローラは防水仕様ではない為、本体やケーブルの水分をしっかり拭わないと海水や砂が入って壊れる可能性があります。

専用ケースを使わない方はコントローラ、VRゴーグル、電源は本体とケーブルとは別の鞄に入れて持ち運ぶことを推奨します。

・スラスタープロテクターガード

水中ドローンの回転するスラスターのカバーです。海藻や釣り糸が航行中絡んでスラスターの破損を防ぎます。出来れば付けた方がいいです。

スラスタープロテクターガードを取付する時にネジを一度外して分解する必要があるのですが、ネジが小さい為、ネジサイズに合ったドライバーを使わにとネジ山が潰れて途方に暮れることになるので注意!!

後、スラスタープロテクターガードは6個入っており、形が似ているので好きな所に付けてもいいだろ~と思うのですが、分かりにくく番号が振ってあります。番号の位置に取付る必要がありますので、これも注意!!

・レジャーシート

砂浜とかでドローンを使う場合はあった方が良いです。使った後、車や部屋が汚れるので、これがあると後片付けが楽

オススメ!!水中ドローン「FIFISH V6」

AmazonでV6、ケース、プロテクターガードがセットで購入できます

楽天だと個別購入

余裕がある方はどうぞ
FIFISH V6S 稼働時間最大6時間に延長、ロボットアームも付いてるよ